GoToトラベル 新幹線 こだまが断然お得 列車旅だからの注意点

旅行
この記事は約6分で読めます。

2020年10月から始まった東京発着のGoToトラベルキャンペーン

10月に予約して11月に京都経由でおごと温泉(滋賀県)に行ってきました。

予約段階で知ったことと、実際に行ってみてわかった注意点をお伝えします

こだま利用がおすすめ のぞみやひかりより往復で2万以上もお得に

こだまの利用で一万円お得 のぞみは一時間半早く着く どっちにする?

GoToトラベルの使い方は千差万別ですが

公共交通機関と宿泊施設のセットが一番お得かなと考えました

(普段から各旅行会社がお得なセットを競っていますが)

GoToトラベル対象で私たちが選んだ宿の場合

東京発の一番混む時間帯はこだま利用がデフォルトで

のぞみやひかりだと追加料金が必要なセットでした。

例えばこだま利用で一泊が71,400円の場合

同じ宿、同じ時間帯でものぞみを利用すると92,200円になります。

つまり、こだまを利用するだけで21,200もお得なのです。

せっかくのGoToトラベルのお得分が無くなりかねません

こだま利用の楽しみ方 お弁当と景色をゆっくり満喫

私たちが乗った東京発09:57は京都着13:34なので乗車時間は3時間37分。

のぞみに乗り慣れ「移動時間」とだけ考えると遅く感じるかもしれませんが

「列車の旅」を楽しむと思えば悪くありません。

出発前日は遅くまで仕事だったので、朝食と昼食を駅弁にすることにしました。

東京駅の駅弁売り場は年々充実しています。

グランスタ東京(改札内)の駅弁屋「踊」や「祭」などの大型店から
個々には20件以上でお弁当を販売しています。

https://www.tokyoinfo.com/shop/genre/ekiomi/ekiben/

これを見ているだけで迷ってしまいますね。

昔からある駅弁スタンドやホームでも購入できます。

私たちは「祭」で朝ごはん分にバラエティー豊かな「特製おつまみ弁当祭」と
「国技館の焼き鳥」と「かに・いくら弁当」に
🍺と白ワイン(どの位前から登場しているのか、車内飲料用のグラス付きミニボトルあります)

お昼用にお肉系お弁当を二つ買いこみました。

おつまみ弁当
おつまみセット「祭」

けっこうな大人買いでしたが、こだま利用で2万円以上のお得さに財布の紐が緩みます

(この表現もいつか無くなるのでしょうか、キャッシュレスの場合は何と言うのか…。
もっとも今のお財布は紐使ってませんね)

駅弁と禁断の朝から飲酒でいっきに旅気分が上がります。

車窓からの景色も、30年くらい前に出張で早朝に乗って
朝日が昇るのを見て以来の気持ちの高揚がありました。

普段の「のぞみ」を使った旅行でも
お天気の良い日に車窓から富士山を確認することはあっても
移動中長く見つめたのは初めてだったかもしれません。

小田原から富士山が見え始め、熱海~三島~新富士までの長い間富士山を眺めることができました。
雲のかかり方が変化して見えるので、山頂が見えたり、隠れたり再び見えたり楽しめました。

車窓から富士山を撮影したのは初めてでした この雲が走っているうちに角度が変わっていろいろな顔をみせてくれました

大月市に講演に行ったり
南アルプス市のマラソン大会で身近にそびえる富士山には感動しますが
「こだま」だと車中からも楽しめたというご報告です

宿への荷物配送ができなかった!サイトには掲載あるのに

列車の旅の場合荷物の扱いは重要な課題ですよね

宿への荷物配送はありがたいサービスです

『現在行われているか』を再確認しましょう

新幹線利用、つまり車移動ではない限り

駅から宿へ大きな荷物を配送してくれるサービスはとても便利です。

市内観光にも荷物を持ってというのは

観光どころでなくなるほどの負担になってしまいます。

以前は駅のコインロッカーに預けて観光し

宿へ行く前に荷物を取りに駅へ戻る必要がありました。

今回も
京都タワー3階の「関西ツーリストインフォメーションセンター京都」で
荷物配送を予定していました。

9時から14時までに京都タワーで預けると
18時までにおごと温泉の各お宿へというイラストを各サイトで確認

おごと温泉にご宿泊のお客様限定価格1000円→800円と大きく書いてあるものも。

京都駅から地下街ポルタを通って京都タワー3階まで行ったら

カウンターで「滋賀への荷物配送はやっていない」と

ガーンって感じでした。

しかし、理由を聞けば致し方ないとわかりました

コロナ禍による自粛期間には当然配送も中止に

旅行者の数が想定できない状況の中で未だ復活していないとのことでした

ではなぜいくつものサイトがそのままなのか
ちょっと怒っちゃうところですが旅行してみるとよくわかりました

国土交通省が不手際連発なほど、号令が二転三転する中で宿泊地はてんてこ舞いなのです

短期間で集客、受け入れ準備、日々の消毒などの感染予防策などは
今まで無かった仕事が膨大に増えているという忙しさ。

しかも、GoToキャンペーンや地域振興券は
かつてないほどの売り上げ減の回復のためとはいえ
利益確保、ましてや半年分の穴埋めには程遠く、コストはできるだけ削る必要があります。

充分な人手をかけるわけにはいかないでしょう

とはいえ
京都駅からおごと温泉の宿までキャリーバッグとリュックを
配送してもらうことができなくなり、困りました

午後の予定は比叡山延暦寺
既に行ったことのある夫はとてもこの大荷物を持っていけるところではないと
最寄りの比叡山坂本駅のコインロッカーに望みを託しました

幸い私たちが着いた14時半には10個にも満たない大型のコインロッカーに空きがありました

もし空いていなかったら…

くれぐれも事前の再確認をお忘れにならないように

もし宿への配送がないと事前にわかっていれば

「新幹線プラスレンタカー」というコースを選んだのに!

ということのないようにご注意ください。

旅行中は感染予防策とともに今までとは違うことに寛容に

 

GoToトラベルにGoToイート、地域振興券や

いろいろある割引き制度は利用するにも一苦労以上の難しさがありますね

受けれ側・利用してもらう側の宿や飲食店、販売店も

てんてこ舞いだから多少の不手際にも寛容になることが楽しく旅する秘訣かもしれません

だけど、やっぱりすごーくお得な感じです

財布の中身を考える前に地域振興券を使いきろうとしてしまいます

修学旅行生がお土産店で大人買いとの報道があったけれどその気持ちわかります。

最後に

まだまだ、コロナウイルスの感染状況によっては対象地域や期間が刻々と変わりそうです

旅行の醍醐味の一つは行き先や行程を考える出発以前の楽しみもあります

GoToトラベルキャンペーンなどの経済振興策は

同時にどのように利用するとお得かを考えることを

パズルにように楽しむ気持ちが必要かもしれません

タイトルとURLをコピーしました