就活・転職は騙し合い?と疲れても、真面目に生きたい人へのおすすめ本

読書学び
この記事は約2分で読めます。

「六人の嘘つきな大学生」というタイトルや帯を読ん
で就活生や若者向けだと素通りしたらもったいない本です。

経験を積んだ大人が共感したり、反感を感じたりしながらも
先が気になってグイグイと読み進めずにはいられません。

そして、意外な、想像もしなかった読後感が待っています。

本の世界に心遊ばせたい方にぴったりのさすが本屋大賞ノミネート作。

尊敬し合う6人が実はクズだった?

読み始めに気に入ったのは、グループディスカッションに残った6人の優秀っぽさ。

今どきの就活ってこんな感じ?と志望する企業ともども憧れてしまう感じでした。

その後のクズっぷりが実際にありそうな設定で納得させられます。

作者に騙されっぱなしの299ページ

「伏線」を見破れとか、
登場人物間の「究極の心理戦」というよりも、
私は読者として作者に騙されっぱなしでした。

「えーっ」と、驚き前のページに戻って読み直しを何回したことか。

貴方はどこで、何度、騙された?と本を捲りながら語り合いたくなります。

全く難しさはなく、さらっと、コロッと騙されるのは快感にさえなりました。

たった一つの「、」だけで物語を反転させるとか神!

ネタバレせずに本書の魅力を語るのは難しいことです。

お勧めしたいのは、

人間や社会の醜さ、汚さに絶望している方や

就活生や新社会人として自信を無くしている人々

が思いっきり共感出来て、カタルシスに浸れます。

そして、また頑張ってみようかな、とあったたかい気持ちになれる作品でした。

心身が疲れていても読める魅力

謎に満ちたストーリーに惹かれることはもちろんですが、
会話やインタビューシーンが多いのでとても読みやすいのも、
疲れた心にはありがたいことです。

小説や活字が苦手でもグイグイ読まずにはいられません。

¥1,584 (2022/08/26 17:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました