ワークライフバランス

ワークライフバランスの本当の価値

ワークライフバランス

政権与党や上級国民嫌いも、無関心層も喜ぶエンタメ小説、これぞサーカス

島田雅彦の著書「パンとサーカス」はギリシャ神話の女神や人間の描写にある真実、ドストエフスキー、韓流の技巧、などを日本の現実に落とし込んで全面展開した最高のエンターテイメントでした。安倍元総理銃撃を予言したかのような内容と21世紀のあらゆるアレコレを想起させる内容は、直近の未来をも見通しているかもしれません。一気読み必至のエンタメ小説です。
ワークライフバランス

子育てを実家(祖父母)に頼りすぎたワーママ、共働き家庭の失敗と再生

ワーママやワンオペ育児に疲れているママにとって頼りになるのは実の母親です。予期できない子どもの看病や急なお迎えなど、無理を言いやすいのはなんといっても実家です。 実母にピンチヒッターを頼むことはあっても、当たり前に思ったり依存し過ぎると家族関係に後悔を残すことになります。第一に頼るべきはパパである夫であることを忘れませんように。
2022.08.30
ブログ

コワーキングスペース「勉強カフェ」は資格取得やブログ書きに最適

テレワークや資格試験などの勉強がはかどる【勉強カフェ】は「人生100年時代の大人の学び」ためにできました。カフェよりもコスバが良くて、自習室や図書館ほど静かすぎずに、席取りの心配もないしフリードドリンクの種類は豊富。インプット・アウトプットの量を激増させてくれ、当ブログのコンセプトとも合致する「勉強カフェ」の魅力を会員になって3カ月の実体験から5点あげてみました。
2022.08.05
ワークライフバランス

反抗期や思春期はどうしたらいい? 夫婦が試される時がやって来た

物理的な子育てはとてもらくになるときがやってきます。ちょうど、最近の小学校4年生の行事として定着しつつある二分の一成人式のころでしょうか。この式は授業参観のときに行われ、親への感謝状などが読み上げられます。第一子の親御さんたちが感激とともに手放しで喜ばれるのに対して、上に中高生の子をもつ親たちは「つかの間の喜び」であることを知っています
2022.05.09
ワークライフバランス

ワークライフバランスは社会問題を解決に導く

個人や家族の幸せのためだけでなく、企業の経営戦略においてもワークライフバランスが欠かせないことは別記事でお伝えした通りです。もう一歩大きな視点にたつと、様々な社会問題の解決にも役立つのです。自分や周りの人々がワークライフバランスを図ることは、社会全体のためにもメリットがある、やがて役に立つことをご理解いただきたく思います。
ワークライフバランス

婚活に疲れても仕事に疲れても打算・妥協・惰性の3D結婚はNO

自分を変える、相手を変える、職場を変える、制度や社会を変えていきませんか。変化のないところには進歩がありません。子ども時代や学生時代のように、誰も何も教えてくれないのが大人の社会です。学ぶべきこと、人、を知り自分の人生を切り拓いていると、きっと素敵なパートナーに出会えます。大人になっての40年、周りを見て来た実感です。
ワークライフバランス

ワークライフバランスは家族を幸せに企業を活性化させる

環境破壊を止めるためには、多少コストや手間がかかっても「エコ」には企業も個人も賛成という時代になりました。地球にやさしいことと同時に、人間破壊ともいうべき、過労死、心の病の増加、家族の崩壊が進むなか、人にやさしいワークライフバランスこそ「エコ」を凌ぐほどのコンセンサスになって欲しい。今現在の自分と家族や同僚・後輩などの幸せを大切に
ワークライフバランス

 在宅ワークストレス、ワンオペ育児、夫の帰宅恐怖症の根は一つ

「夫在宅ストレス症候群」は夫の定年を機というケースが多かったのですが、在宅ワークが突然増えたために夫が在宅することへのストレスは全ての年代の問題になりました。一方で妻は「ワンオペ育児」で疲弊し、家庭に居場所がないと「帰宅恐怖症」に陥る夫もいます。これら全ての根っこは一緒です。解決策するは夫婦役割分担を見直すことにあります。
2021.05.06
ワークライフバランス

ワークライフバランスの理解と実践が幸せな日々の処方箋

「仕事と生活の調和」と訳されるワークライフバランスとは、ワーママのためだけの考え方ではなく、老若男女すべてを対象にしています。すべての人々が、仕事、子育てや家族、生きがいや趣味、地域やボランティア活動など多面的な関わりを通し、支え支えられる豊かな人生を実現するための考え方なのです。「人生100年時代」は人生を長いスパンで考えましょう。
ワークライフバランス

夫の育児休業取得はボウリングの一番ピンの訳 役割分担より交代を

産む側の女性は選択の余地なく産前産後休暇合わせて14週間、約4か月仕事を休まざるをえません。それまでも、つわりに苦しみながらだんだん大きくなるお腹を抱えての仕事は大変です。それを考えれば、夫が4か月程度の育児休業を取ることは自然なことではないでしょうか。会社の仕事の代わりはいくらでもいますが、夫や父親は唯一無二の存在なのです。
タイトルとURLをコピーしました