Twitterフォロワー 1,000人までの二カ月で気づいたこと

Twitterブログ
この記事は約4分で読めます。

リアル以上に「類は友を呼ぶ」ツイッターランドは励まし合い、称え合う場

「類は友を呼ぶ」のはリアル以上かもしれません。

フォロワーを増やしたり収益化を目指す方々の努力はスゴイものがあります。

朝活、おはよう戦隊、今日の積上げや励まし合いに称え合う様は
マスコミで報道されるマイナス側面と違い過ぎてびっくりしました。

たまーにヘンナ返信があってもスルーしましょう。

現実世界で酸いも甘いも嚙み分けてきた
アラフィフには気にならない程度です。

Twitter界の憧れはフォロワー数が10,000人を超えることです。


通称万垢(初めて打ってみたら最初に表示された…)
迅速に達成した方々が様々な増やし方を発信されていました。

妖精さん
せら課長
トットおじさん
など10人近くの方法に学びました

いいね、返信、リツイートされるには
どんなツイートをすれば良いのか
自己紹介をお洒落にして固定ツイにすることなど日々学び

プロフィールの添削はカイトンさんに
アイコンの飾りつけはひろみさんになど
期間限定のご好意でしてくださる方にも
とてもお世話になりました

「企画」や「拡散グループ」に参加させていただき
最初の目標であるフォロワーさん1000人は2カ月で達成しました。


(お名前を挙げた方々は
検索していただければすぐにわかりますが
お一人お一人が刻々どころが日々急成長なさっています。
私が初心者の1年前に助けていただいたので
貴方にもステキな出会いがきっとあります)

マネタイズ、様々なネットでの稼ぎ方があることに気づきました

方法も様々、怪しいものまでまさに玉石混交ですが
確かに成功を収めている方もいました。

私はその中からブログによるアドセンスとアフリエイトを選びました。

それぞれがどんなものか、選んだ理由は後日別記事でご報告します。

スマホかパソコンかどちらにしても初心者を楽しむ心の余裕を 焦りは禁物

TwitterはスマホにもPCにも対応していますが、
若干使い勝手が違います。

今でこそ、時間帯ややるべきことで双方を使い分けていますが
私は初めパソコンから入りました。

一覧性に優れていることと、何と言っても入力のしやすさ‼

ローマ字入力は80年代のワープロ時代にマスターしたものの
フリック入力はいつまでたっても上達しないので😅

それでもノートパソコンに買い替え
二冊の本も書いて馴染んだWindows7から
10への対応と新しいことへの挑戦の
二重苦は悪戦苦闘、イライラ、失敗、落ち込みの連続でした。

でもね、わかった!できた!
優しいアドバイスをいただいたり
あれ?あんなに苦労してたことが嘘のよう❣
という瞬間の達成感は格別🌸

50歳になって老化に嫌気がして
頭脳戦から離脱して
スポーツクラブ入会をきっかけに
始めたランニングからマラソンへと
ハマっていった達成感が再び❣

マニュアル人間の私はまず
トリセツ(取扱説明書)だったのに
いつの間にかなくなってたIT業界
デジタルネイティブには当たり前も
昭和人間にはツライことツライこと

育児や子育てと同じでマニュアルは無いけど「習うより慣れよ」しかない

でも、ある時ふと気づいたのです
仕事がらフォローすることが多い
育児休業中の新米パパたちが
育児書などあらゆる情報を集める様に
エラソーに言ってるのは
「育児書に正解は書いていない」こと

目の前の我が子をよく観察して
いろいろ試してみることや
創意工夫と知恵が解決の道…なんて

ネットも今や
習うより慣れろ…なんですよね😅

かつては使い方が限られていたから
説明できたけれど
今や便利になり過ぎてて
説明できる範囲を超えてる

10年くらい前に悟ったことを思い出しました
パソコンは有機物、ご機嫌がある
得体の知れない生き物みたいと

それにしても悔しいかな
なかなか頭に入らなない
入ってもすぐ忘れるの悪戦苦闘

その時の心の支えは若宮正子さん
81歳でアプリを作成したことはもとより
1980年代にパソコン通信を始めて
苦労のあげく「ようこそまさこ」と
繋がった瞬間の話しをTEDで観たことでした。

タイトルとURLをコピーしました